■ ■ ■ TOP旅TOP 藤野「盛森を探す旅」
2008.3.22 ■ ■ ■


 藤野もやむ先生の作品「はこぶね白書」。2005年冬から「コミックブレイド」誌で連載が始まり、2008年春に完結した作品です。
 この作品の冒頭は、主人公が進学する高校の入学式当日、最寄駅に向かう電車の中のシーンから始まり、やがて電車を降りて学校へと向かうのですが……ここで引っかかるのが、電車の行き先がぼかされずにきっちり「大月」となっていることです。大月と言えば言わずと知れた(?)山梨県東部の谷あいの街。
 作中、実在の地名が出てくるのは他に「東京」くらいしか無く、「東京から大月行きの電車に乗って学校へ行く」という描写になっているので、この駅は東京と大月を結ぶ路線…JR中央線のどこかの駅、と想像されます。

 そう思って改めて第一話を読み直してみると、何だかものすごくどっかで見たことあるような駅な気がしますこれ。あの駅だった気がする。
 …て事で実際に行って確かめてきました。調査日は2008年3月22日、良く晴れて暖かい春の一日です。桜はまだ咲いてないので入学式にはちょっと早かったかな。


以下、できれば御手元に「はこぶね白書」1巻をご用意の上ご覧下さい(笑。
写真は全て2008年3月22日撮影。掲載順序は撮影順とは一致しません。
なお、現地訪問の際はくれぐれも周りの方のご迷惑になりませぬようー。

駅名
▲中央線高尾以遠の停車駅。藤野は二つ目。

中央線車内
▲高尾から先の電車はボックスシート。

藤野駅到着
▲大月方面の電車が藤野に到着。

階段の上り口
▲1巻13頁2コマ目。

ホームの様子
▲1巻14頁1コマ目。

階段降りたところ
▲1巻15頁1コマ目。

階段の降り口
▲同 2コマ目。

改札
▲同 4コマ目。

駅出口
▲1巻16頁4コマ目。

駅前案内板
▲同 5コマ目。舞台発見できたのは現在ここまで。

周辺地図
▲駅北側の周辺地図。

周辺地図拡大
▲同拡大。1巻19頁4コマ目と比べると大体想像が。

梅
▲梅が綺麗でした。
▼以下は藤野駅周辺の「それっぽい景色」色々。

鳥居
▲朽ちかけた鳥居。

竹薮
▲竹薮。

獣道
▲獣道。

草原
▲草原。

鳥居遠景
▲藤野神社の手前あたり。

藤野神社
▲藤野神社の鳥居。

 …という事で、「はこぶね白書」一話の盛森学園の最寄り駅のモデルは、JR中央線藤野駅で間違いないと思われます。盛森学園が実在しないのは当然なのですが、全体にそれっぽい雰囲気の漂う一帯でした。
 なお、駅周辺にはコンビニや公共施設はほとんど無いですし、神社裏山や農業団地周辺の道はあまり整備されていない山道です。現地巡検に際してはきっちりした支度をー。


戻る
ご意見ご感想は、tabi(a)tabi.atz.jp((a)→@)まで。