18切符でHUP5へ
 

トップページ
 ┗資料室
  ┗18切符でHUP5へ
   ┣各方面鈍行時刻表目次
   ┗HUP会場・オフ会案内

このページ以下の記載内容は2000年夏現在のものであり、現況とは異なりますので御了承下さい。

モデルルート時刻表はこちら
 全国各地から東京へ、青春18切符利用のモデルルート。稚内から42時間、鹿児島から30時間(笑)。

・吉祥寺HUP会場・オフ会案内



HUP5って?

 毎年夏に開かれている、衛藤ヒロユキ先生のDJイベント。今年で5回目です。先生のDJを生でたっぷり聴ける他、カルトクイズ大会やFC会員のイラストの人気投票、FCグッズの即売等々、なかなか盛り沢山。全国からファンが集まる交流の場でもあります。
 さて、その会場は東京・吉祥寺。近場の方はともかく、遠方から上京される場合、問題は時間と交通費。時間はあるけど費用はかけたくない…場合はやっぱりこの切符…「青春18切符」。


青春18切符って?

 JR全線の、普通列車と快速列車(いわゆる「鈍行」)の自由席に丸一日乗り放題、という切符。クサい名前ですが、使うのに年齢制限などはありません。一人一日当たりの値段は…2300円。時刻表を見ていただければ解るんですが、うまく乗り継げば、青森からでも高知からでも2300円で上京できます。さらに夜行快速をうまく使えば宿代も浮きますし、寝ている間に距離も稼げます。
 ただし。発売は5回分セットで11500円。ばら売りはありません。(こんなの…「青春18きっぷ掲示板」…端数売買連絡用…もあります。)  発売・利用期間も限定です。今年の夏は、発売が7月1日から8月31日まで。利用は7月20日から9月10日までです。


「ムーンライトながら」「ムーンライトえちご」って?

 青春18切符では、特急や急行には特急券や急行券を買っても乗れません。夜行列車のほとんどは特急や急行なので当然乗れないんですが、わずかに「ムーンライトながら」(東京−大垣間)、「ムーンライトえちご」(新宿−新潟間)、「ミッドナイト」(札幌−函館間)だけは快速列車…すなわち、510円ないし310円の座席指定券を追加するだけで青春18切符で乗れるのです。
 また、上記の他に、週末には通称「紀州夜行」(新大阪−新宮間、自由席)、夏や冬の混雑期には、「ムーンライト九州」(京都−博多間、一部自由席)、「ムーンライト山陽」(京都−広島間、一部自由席)、「ムーンライト松山」(京都−松山間)、「ムーンライト高知」(京都−高知間)、「ムーンライト八重垣」(大阪−出雲市間、一部自由席)といった臨時の夜行快速が運転される他、東京−大垣間には全席自由席の臨時列車が増発されます。
 こうした夜行快速を使う利点は、宿代がかからないこと、寝ている間に長距離を移動できること、乗り換えの手間が無いこと…などでしょう。欠点はやはり疲れる事。


切符はどこで買うん?

 実際にどういうルートが考えられるかは時刻表を見ていただくとして…青春18切符や各種指定券は、全国の「みどりの窓口」のある駅やJRの旅行センター、発行端末のある旅行代理店ではその場で買えます。(ただし早朝・深夜は窓口の営業時間にご注意。)
 指定券は乗車日の一ヶ月前の午前10時から発売です。8月11日の夜の「ムーンライトながら」の指定券は7月11日の10時からですな。


混むの?

 何せ今年のHUPはコミケと日程が重なっています。夜行昼行とも混雑は必至。特に、全席自由席の臨時大垣夜行(東京−大垣)は、10・11日の夜の上りと12・13日の夜の下りを中心に相当混雑が予想されます。座りたい方は発車3時間前くらいからホームに並ぶべきでしょう。
 「ムーンライトながら」「ムーンライトえちご」といった全席指定の列車の指定券も、恐らくは相当早い時点での売り切れが予想されます。特にグループでまとまった席を取りたい場合、できれば発売当日にまとめて買う事をおすすめします。


コミケって?

 正式名称コミックマーケット。国内最大規模(ということは多分世界最大だろう)の同人誌即売会。例年、年に二回、有明の東京ビッグサイトの全展示場を、夏は三日間冬は二日間借り切って開催されます。去年夏の第56回は、参加サークル数延べ3万5千、一般参加者延べ40万人。今年もまあそんなもんでしょう。
 グルグルをメインにやってるサークルさんは…例年ですと、ジャンル名「FC少年」(今年は一日目?)と「アニメ(少女)」(三日目)に数サークルずつ参加されてます。
 最新情報や交通案内はこちらへ…コミックマーケット公式サイト


他には何かない?

 18切符+鈍行の組み合わせ以外ですか…?
 鉄道でしたら、まずは学割。中学・高校生の皆様、使ってますか〜?乗車券2割引です。片道600km以上の長距離の場合は往復割引(一割)も利きます。あとは新幹線−在来線の乗り継ぎ割引(在来線の特急・急行料金が半額)あたりが有効でしょうか…。
 鉄道以外では…福岡・千歳でしたら航空運賃が割と安くなってます。あとは何といっても夜行高速バスでしょう。本州内は大概の都市から東京への直行便があります。料金は鉄道の普通乗車券と同じ位です。
 あとはフェリーがありますが…東京方の港が多少不便です。しかし室蘭−大洗が2等で4900円などとなかなか安いですんで、使いではあるかもしれません。(大洗港から東京へは4時間位かかりますが…)


公式FCって?

 おっと。肝心なのを忘れてた…。「衛藤ヒロユキ公認ファンクラブ」のことです。他の漫画家さんのFCがどんなことやっているのか良く知らないんで比較は出来ませんが、隔月で24頁の会報を発行したり、オリジナルグッズを企画・発売したり、年に一度のお祭り…HUP(Happy UFO Partyの略)を開催したりとなかなか活発…だと思います。スタッフは衛藤先生のアシスタントの皆様。
 会費は年に2000円です。HUP会場でも入会受け付けてます。(振込手数料がかからない分ちょっとお得(笑))


 さて、一人でも多くの人が、HUPに来られますように…。


戻る
ご意見ご感想は、lingnoga@wing.zero.ad.jp「野川」まで。