■ ■ ■ TOP> 衛藤ヒロユキ先生とその作品たち
About Hiroyuki Eto & his works.  ■ ■ ■

 ■ ■  衛藤ヒロユキ先生とその作品たち

 漫画「魔法陣グルグル」の作者である衛藤ヒロユキ先生。1992年の連載開始以来、「魔法陣グルグル」「舞勇伝キタキタ」「魔法陣グルグル2」と続いてきた同作品が代表作と言えますが、その他にも多くの名作品を著されており、読者を楽しませています。
 本項は、そんな作品たちへの恩返しとして企画しました。衛藤先生の略歴や各作品について、先に他の同人誌に寄稿した原稿などを基にご紹介し、あわせて関連する情報を整理して掲載するものです。各作品を読まれたことのない方にはご案内として、ご存知の方にはよりご興味を深めて頂ければ幸いです。

 ■  衛藤ヒロユキ先生の略歴

 衛藤ヒロユキ先生は、196X年、大分県の生まれ。画業を志して武蔵野美術大学に進学しましたが、絵の仕事はいったん諦め、音楽関係やゲーム関係の仕事に就いていました。1990年ごろ、エニックス関係の仕事を受けた際に「ドラゴンクエスト4コママンガ劇場」への執筆を誘われ、漫画の仕事を始めました。4コマの好評により1992年には「少年ガンガン」誌で「魔法陣グルグル」の連載を開始。本作は好評を集め、エニックスのメディアミックス戦略に沿ってアニメ化、ゲーム化なども行われ、衛藤先生の代表作となりました。
 魔法陣グルグルは2003年に一旦完結。その後、「少年ガンガン」「コミックブレイド」「ガンガンオンライン」などの雑誌や媒体に、「がじぇっと」「衛星ウサギテレビ」「舞勇伝キタキタ」など多くの作品を発表しています。現在(2017年)は「ガンガンオンライン」で「魔法陣グルグル2」を連載中。
 より詳しくはこちらの年表をご覧下さい。

 ■  おもな作品

・魔法陣グルグル(1992〜2003)・舞勇伝キタキタ(2008〜2012)・魔法陣グルグル2(2012〜)
・Pico☆Pico(1994〜1997)
・がじぇっと(2002〜2005)
・衛星ウサギテレビ(2006〜2007)
 その他の作品についてはこちらの作品一覧をご覧下さい。(調査未了のため、一部まだ掲載されていない作品があります。ご了承下さい。)